HOME

日本の医療費用39兆円(2013年)はGDP成長率を超えて上昇し、医療貿易収支の赤字は1.5兆円(2010年)に膨らんでいる。急激な少子高齢化の時代をむかえ、医療を次代の日本の成長エンジンに変えなければならない。一方、研究機関のシーズと医薬品・医療機器開発や臨床現場のニーズの乖離が大きく、シーズとニーズのマッチングは容易ではない。

九州工業大学は、2011年飯塚市、飯塚病院と医工連携協定が締結し、2012年バイオメディカルインフォマティクス研究開発センター(BMIRC)を設置して、情報工学を医療へ応用する研究が本格的に始めた。2014年、飯塚研究開発機構を加えた4者連携協定を締結し、飯塚医療イノベーション推進会議を設立した。

飯塚医療イノベーション推進会議では、米国シリコンバレーのエルカミノ病院、スタンフォード大学、フォガティイノベーション研究所の先進的医工連携に倣って、デザイン思考を重視する。医療機関や医療、看護、介護に関する隠れたニーズを発見し、問題点を定義し、コンセプトを作り、計画・実行する。2012年に飯塚病院の60件以上のニーズから数件を選択して、共同研究開発を実施している。

医療現場でデザイン思考を学び、薬事法や医療保険に関する医療ビジネスの方法を修得するために、2015年度に大学院情報工学府(修士課程)にバイオメディカルデザインコースを新設する。医療機器や医療情報システムのイノベーション(新しい価値の創造)を担うグローバルリーダーを養成し、飯塚から医療イノベーションを起こす。

本ワークショップでは、日本の医療イノベーションの最前線で活躍する先生方を招き、地方からグローバルな医療イノベーションを起こす方策、人材養成について議論する。

バイオメディカルデザインコース概要
ワークショップポスター

日時:2015年3月3日 13:00から18:00
場所:九州工業大学飯塚キャンパス 2201講義室
主催:飯塚医療イノベーション推進会議(飯塚市、飯塚病院、飯塚研究開発機構、九州工業大学)
共催:日本バイオインフォマティクス学会

事務局:九州工業大学バイオメディカルインフォマティクス研究開発センター(BMIRC)